2008年12月19日

漆の竜

QMAの存在すら知らなかった1。

音ゲーの合間にプレーし始めて、わからない問題はひたすらボケてた2。

ようやくやりこみ出した3。 でも、竜の姿も知らず。

遠征を重ねた4。 ようやく竜の翼の欠片になる。

そして…5。

竜の翼の欠片のままなのか、それとも翼を纏って飛び立つのか。



さて、初めての方もいらっしゃるでしょう、初めまして、名古屋の廃人タイガです。
といっても来年からは古巣の大阪に戻りますが。
今回、「賢竜杯」について思うまま書いてみる機会をいただきましたので、
拙文ながら手短に書いてみます。


「賢竜になってやる!」と意気込む人。

「俺の武器でひとはな咲かせてやる!」と己の晴れ舞台と捉える人。

「新しい知り合い、たくさん作るんだ」とコミュニケーションの場と捉える人。

「面白い試合をしたいよな」とネタに走る人(勝負は真面目に)。

「優勝候補は○○さんだよな」と予想屋になる人。

「勝ち負けは時の運、まずは楽しまなくっちゃ」と肩の力を抜いて楽しむ人。

「人多すぎるよ…」と不安やプレッシャーを抱えてしまう人。

少なくとも、予選を勝ち抜いた方々には、賢竜杯に参加するという形で楽しむ権利があります。
でも、

自身のプライベートや営業収益を削ってまで大会の企画を立案実行している賢竜杯スタッフの皆様及び店舗の方々。

スケジュールや様々な理由で残念ながら出場できないプレーヤーの方々。

巡り合わせに恵まれず出場する機会が潰えてしまったプレーヤーの方々。

そして、賛否両論あれど、こうして我々が出会い闘う機会を媒介する「QMA」メーカーのコナミ様。

そして、全てのQMA好きのプレーヤーの皆様。

こういった方々・団体にも感謝する気持ちは忘れてはいけないかな、と思ってます。
そして何より、まずは楽しむことです。
結果はその時の実力と運を遺憾なく発揮して、楽しんだ方に輝くでしょう。


数多くあるQMAにおける店舗大会の一つ、でもその規模や想いは最大規模。
そんな賢竜杯にエントリーできる機会を得たことに感謝しつつ。
きたる当日、元気な顔でお会いしましょう。


「賢竜」の資格を持つ160の欠片。

その欠片を集めて、一つの大きな翼にできる「賢竜」はたった一人。

様々な思いを胸に秘め、「masterdragon of quiz」の座へ向けて、

Fly away …


XANAX
posted by 賢竜特別寄稿 at 00:32| 日記